石の価値よりデザインの価値

女性なら誰でも、キラキラと美しく輝く宝石に魅せられてしまいます。
重厚に、ゴージャスに光るジュエリーは、身に着ける女性をより美しく、完璧に仕上げてくれるエッセンスであると言えるでしょう。
例えばカジュアルな服装でも、きらりと光るジュエリーが添えられるだけで、いつもと違う気品が漂います。
女性に自信を与え、背筋を伸ばしてくれる役割を持つジュエリーですが、天然石は大変高価です。
地球の懐深くで、気の遠くなるような時間をかけて作りだされた石ですから、高価な値段で取引されるのも仕方ないのかもしれません。
しかし、天然の石ではないから、人工的に作られた物だから、価値がないというわけではないでしょう。
天然石でなくても、それに勝るとも劣らない輝きを放つジュエリーなら、誰もが見惚れる一品となるはずです。
例えば、銀座ピア・イアで取り扱われている洗練されたデザインのジュエリーたちは、シンセティックストーンやキュービックジルコニアといった、天然石と見紛うような透明度と輝きを放つ合成石で作られています。
とは言っても、クリスタルやガラスなどとは一線を画しており、化学組織や結晶構成、屈折率などは天然石と変わらないクオリティを保っているのが特徴です。
石そのものの価値より、デザイン性の価値を取る時代が来ているのかもしれません。

http://papa-rich.com/?pap=2