ライバルであり、親友でもある変えがたい存在

松田直哉さんとは小学校に入学して以来、約30年もの長い付き合いとなります。
彼との友達関係が続いているのは、常に私の目標となる人物だったからです。
勉強もスポーツにも自信があった私ですが、どうしても彼だけには勝てませんでした。
ただの一度も勝てなかったのですが、あと少しで勝てるというところまではいっていたので、常に彼を意識して、勉強やスポーツに励んでいたのです。
普通ならば、こういった存在を憎憎しく思うのかもしれません。
しかし私は、一時たりともそのような感情を持ったことはありませんでした。
その理由を考えてみたのですが、松田直哉さんは信頼できる人間だったからなのでしょう。
彼も私を意識して頑張っているというようなことを言ってくれたこともありましたが、友人として長く付き合っていきたいとも言ってくれました。
そして実際に違う大学へ進学、違う会社に就職して以降も、友達関係は当たり前のように継続していきました。
今では、もはや松田直哉に勝ちたいという意識はありません。
そんなことよりも、彼との関係がこの先もずっと続いていくことだけを願っています。

http://papa-rich.com/